会社の営業支援をしていて思うこと

営業を受ける立場のとき

営業というのはお互い仕事上の話のはずなのに、営業を受ける立場となると途端に、相手は自分たちのために何でもやる側であって、何でも呑むという姿勢であるべきなんじゃないの、というような横柄な対応をされる方もまだまだたくさんいます。
それが上の話のような難しい状況を引き起こしたりもしたのだろうと思うからです。
でもそれは、社会の中での仕事のためにはなりません。
もう認識を時代に合ったものに変えていくべきではないのかなと考えさせられるのです。
自分も普段営業を受ける立場のときに、応対の仕方によってここら辺をいい形に回していってもらえるようにしたいなと思っています。

営業の仕事上で気を付けること | 相手の方の対応をとても気をつけてみる | 営業を受ける立場のとき