会社の営業支援をしていて思うこと

相手の方の対応をとても気をつけてみる

あまり頑張りすぎると、すごく高度なところまで深入りし過ぎるようなことになっていけないし、それだからと遠慮していると話す内容が非常に薄くなり、お話する意味が出ません。
その辺の匙加減をうまく調節するのが非常に難しいという側面があります。
そこら辺が私は得意、という人が基本的にはなるのだと思いますが、現時点ではそこの対処法などについては、そのようなうまく出来た人の話がそのまま残りはしているんだろうけど、他の人はやはりそれはマネ出来ない、もしかしたら他の営業がとても優秀な人でもそれはムリかもしれないという情報の残り方しかまだないような思われます。
すると、もしその人に自分が完全になり切れればいいんだろうけど、そんなことは出来ないしということで、何か教科書がないような状態のようなのです。
じゃあ、とりあえず自分が魅力的な人になればうまく行かせることが出来るのではないだろうか、それを目指そうという視点もありますが、それもそれで今度は営業に行く前の話において、身内での人間関係トラブルが起こりやすくなったりが起こるというような、面倒な感じがあります。
営業という仕事の業績の差が、人間的魅力の差みたいなことと同じに感じられるようになって、何か諍いが起きたときには非常に深刻なケンカの原因になり得るからです。
そういうわけもあって、もっと皆で営業というものを良くしていかなければいけないから、営業支援というものの仕事の数が増え出した面もあるのかな、という印象を持ちます。
このようなことがあるため、もちろんこちらはいい提案をしなくちゃと考えながら営業支援をしますが、応対する相手の方の対応をとても気をつけてみるようにもなりました。

営業の仕事上で気を付けること | 相手の方の対応をとても気をつけてみる | 営業を受ける立場のとき

営業支援 会社kakutoku | 国内最大級の営業支援プラットフォーム